略歴 写真 History 略歴

青年期 Adolescence

落書き

私が入学した高校は岡山県立総社南高等学校という学校で、普通科の中に5つのコースが設定されており、私はその中の「美術工芸コース」というコースを選択しました。勉強だけに費やす青春というのも悲しいものですし、好きな絵で自己表現して、楽しく高校ライフをエンジョイできたらいいな~と思いながらの選択でした。「おそらく、俺が一番うめえ!」とそのコースを選択する前から自信満々でしたが、実際は、そんな甘いものではありませんでした。

In schools that have been set course Okayama Soja South High School, five divided into sector common, high school I enrolled chose "the course of handicrafts produced artistic" I.
The youth spent on study only, I did not mean to be selected.
You have chosen to enjoy the high school life by drawing a favorite picture.
I was thinking the most, his would be good at painting perhaps.
However, it was different.

いままで、自分が描いてきた絵は、漫画の絵でしたが、ここで行う絵というのは、「デッサン(見たままを描き写す訓練)」のことだったのです。通常、子どもが絵を描く時、ものの形を輪郭線でしか描きません、色に関していえば、水は青、金属は灰色、太陽は赤、など、既成概念でものを描いていきます。それに対し、デッサンというものは、モチーフの重量感・質感・空間などの要素を総合的に把握し、表現していきます。絵を描き始めて間もない私にとっては、これらを意識しながら描くというのはかなり難しいことでした、リンゴ一個描くのも、かなりの苦戦を強いられていました。このデッサンというものは、描けば描くほど奥の深いものだな~と思わされました。自分では上手く描けたと思っていても先生に批評してもらうことで、「あ~、ここが足りなかったのか」とか「ここを意識しすぎたせいで、あそこが見れていなかった」とか、なかなか満足できるものが描けませんでした。
しかし、楽しかったですね! 作品について友人と批評しあったり、上手い奴の作品をみては刺激を受けたりして…たまに先生に作品をボッコボコにけなされたり…、ひとつひとつが今の自分の一部になってるのでしょう、デッサンはあらゆる視覚表現の基礎だと思っております。

Until now, unlike the comic I was drawing, painting here, it was a drawing or sketching,. Normally, when you draw a picture, children will continue to draw in red, the sun is not outlined drawing the shape of things, in blue water. In contrast, drawing, and that the weight of such motifs, elements overall, such as sense of space and texture, we will continue to express. Awareness of these, draw the apple one was very hard. I think it is the basis for the visual representation of all.