略歴 写真 History 略歴

幼少期 childhood

秋山正巳の肖像画

《図 吉田尚史「秋山正巳の肖像」ソフトパステル ハードパステル》

《"Portrait of Akiyama, Masami" Takashi Yoshida drew. Use art supplies tools: soft pastel hard pastel》

私の幼少期、絵というものを初めて認識したのが、私の祖父の絵を観たときでした。祖父の家には、祖父の描いた絵が壁にかけられており、その絵を眺めては「上手いなあ」って思っていました。

When I was a child, when you saw a picture of Grandpa, I was aware of the concept of painting for the first time. Picture of my grandfather has been hung on the wall, the opportunity to touch the painting, home of my grandfather, was the most familiar ones.

祖父の作品で特筆すべきところは、「溶金画」という境地を切り開いたところです。この画法で特許をとったことをいつも自慢していました。「溶金画」というのは色々な色合いの(種類の)金属を溶かして一つの絵に仕上げるという、一風変わった画法です。

Noteworthy place in the works of Grandpa, is where Grandpa opened up the frontiers of "Picture drawn in the liquid metal". Grandpa was always proud that it has taken the patent in this field method. That finish the picture of one by dissolving shades of various metals (kind of), and the "Picture drawn in the liquid metal image" is a field method that unusual.

溶金画 略歴